本文へスキップ

一般財団法人 静岡県生活科学検査センター

浄化槽法定検査SERVICE&PRODUCTS

浄化槽法定検査とは

浄化槽を使用するにあたって、浄化槽の施工、《浄化槽保守点検》、《浄化槽清掃》 が適正に行われ、
本来の浄化機能が十分に発揮されていることが必要です。 これらを確認し、判定を行うことが《法定検査》です。

法定検査には2種類あります。

7条検査
(設置後の水質検査)
浄化槽の設置の状況を中心に、設備、装置が有効に機能しているか否かを検査するもので、早期にその欠陥を是正することを目的としています。
(浄化槽を設置して、初めに1回だけ行います。以降は11条検査になります。)
11条検査
(定期検査)
浄化槽の維持管理が基準に従って適切に行われ、初期の機能が確保されているか否かを検査します。
(7条検査を行った翌年から毎年1回行います。)

検査内容について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

浄化槽の使用方法を知りたい方はこちらをご覧ください。

浄化槽法定検査のQ&Aはこちらをご覧ください。

富士市では浄化槽維持管理費補助制度が始まりました。
詳しくはこちらをご覧ください。
※補助金には条件がありますのでご注意ください。

法令を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください
浄化槽法法令リンク集

   
 浄化槽現場検査  浄化槽の放流水の水質検査(BOD検査)


浄化槽法定検査は受検が義務付けられています。

浄化槽の設置者には環境省が定める浄化槽法により、次の3点が義務付けられています。

保守点検を定期的に行いましょう(浄化槽法第10条)

浄化槽のいろいろな装置が正しく機能しているかを点検・調整して、消毒薬の補充をすることが必要です。
これが《保守点検》です。
浄化槽の働きを維持するために重要な作業で、定期的な実施が決められています。 県知事の登録を受けた専門の保守点検業者に委託して行ってください。

清掃を1年に1回以上行いましょう。(浄化槽法第10条)

浄化の過程で発生する汚泥などの汚れが溜まりますので、その汚れを浄化槽から引き出し、槽内をきれいにすることが必要です。これが《清掃》です。
水質悪化の予防のために重要な作業で、年一回以上の実施が決められています。 市町村長の許可を受けた浄化槽清掃業者に委託して行ってください。

法定検査を1年に1回受けましょう。(浄化槽法第7条・11条)

静岡県知事の指定を受けた唯一の検査機関である一般財団法人静岡県生活科学検査センターに依頼して受検してください。
※法定検査と保守点検は異なります。

検査手数料

浄化槽の規模 ~10
人槽
11〜20
人槽
21〜50
人槽
51〜100
人槽
101〜300
人槽
301人槽〜
7条検査 11,500円 11,500円 14,500円 18,000円 19,500円 21,500円
11条検査 6,000円 6,500円 9,500円 13,000円 15,000円 17,000円
11条検査
(お支払方法に口座振替を利用された場合)
5,500円 6,000円 9,000円 12,500円 14,500円 16,500円

検査手数料の支払い方法は、「当日現金払い」「コンビニ・郵便振込」「銀行振込(静岡銀行)」「口座振替」からお選びいただけます。
口座振替をご希望の方は、口座振替申込み用紙をお送りしますので、申込の際に「口座振替希望」とご記入いただくか、下記までご連絡ください。
※消費税については、浄化槽の検査は非課税です。


検査のご依頼に関して

浄化槽法定検査ご依頼方法

その他

浄化槽法定検査継続申込書の裏面に掲載されています約款が必要の方はこちらからダウンロードをお願いします。
浄化槽法定検査継続申込書約款

お問い合わせ先はこちら

〒425-0085
焼津市塩津1番1
一般財団法人静岡県生活科学検査センター 管理試験課

TEL 054-621-5030
FAX 054-621-5450
mail : sisetu@shizuokaseikaken.or.jp


バナースペース

一般財団法人
静岡県生活科学検査センター

〒420-0881
静岡市葵区北安東4丁目27番2号